2018年07月29日

キツネの縄張り

 7月24日(火)以降、晴天が続いています。同日、園内に鹿3頭が現れたことは前回の記事で書きましたが、その後26日(木)夕方5時過ぎに芝生の草刈りをしようとしたところ、芝生に鹿が3頭いるではありませんか。
 また、市役所に連絡したところ市役所から警察にも連絡がいったようで、お巡りさんと少し遅れて市役所職員2名が来園。園内を探したところ、正門の近くで3頭を発見。でも、市役所の職員さんが言うことには、下手に外へ追いやって近所の民家に飛び込んだりすると被害が出かねないので、静かにしておいて夜間に山へ帰ってもらうしかないとのこと。

 このところ鹿と並行して、園内には以前からキツネの親子が住みついていますが、夕方5時の閉門を待っていたかのように親子(多分母親とコギツネ2匹の3匹)が西側の芝生に現われてコギツネを遊ばせています。
 7月25日(水)は午後3時頃から一人で芝生の刈り取った草を集めて堆肥場へ運んでいました。

 芝生の草を集めてリヤカーで堆肥場に運んでいました(7月25日 15:52撮影)
180729夏日のぼたん園 005.JPG

 気が付くとキツネが1匹堆肥場に先回りしています(7月25日 15:58撮影)
180729夏日のぼたん園 006.JPG

 どうも母キツネのようです。コギツネが2匹いるはずですが身体の大きさはあまり変わりありません。コギツネたちと比べると痩せていて、そのせいもあるのか、目つきは鋭い感じです。
 このところ、夕方閉門のため芝生の近くを通ると子供たちを遊ばせて、その傍で辺りに目を配っている姿をよく見かけていましたので、あまり気に架けずに芝生の草をフォークでリヤカーに投げ入れていました。
 ところが、なんとなく後ろに気配を感じたので振り向くと、なんと2メートルと離れない近くに座って私の動作をじっと見守っているではありませんか!
 一瞬ギョッとしましたが気を取り直して追い払おうとすると、逃げるどころか歯を剥いて犬に似た吠え方で「ワン」と威嚇してきます。そう言えば妻が今年6月に来た時に、弘法大師の参道のところでキツネに追いかけられて怖い思いをしたと言っていたことを一瞬思い出しました。その時はあまり気に留めずに聞き流して「逃げるから追いかけられるんだよ」と言っていました。

 私の手には草を掬うフォークが握られていますので、それをキツネに向けて追い払おうとします。ところが全く逃げようとはしません。それどころか隙があれば私に襲いかかろうと身構えます。
 予想に反するキツネの行動に私は戸惑い始めています。それから30分ほどにも長く感じられる時間をこのキツネと対峙することになろうとは思ってもいませんでした。少しでもこちらが弱みを見せれば襲われそうな恐怖に似た気持ちと、眼を逸らして後ずさりでもしようものなら飛びかかってくるような気がして、フォークを握る手に力が入ります。

 後には引かない母キツネ(7月25日 16:00撮影)
180729夏日のぼたん園 008.JPG

 この対決の結末は、私がフォークを上段に構えたまま徐々に後ずさりをして引き下がるしかありませんでした。この私に比べれば小さなこの動物は、自分の何倍もある人間に対して一歩も引き下がることはありませんでした。

 後日、この話をもう30年以上もぼたん園の世話をしてきたSさん(女性)に話したところ、キツネ(その他の動物も共通しているのかも知れない)には縄張りがあって、自分の縄張りに侵入してくる動物(人間も含めて)に対しては断固として排除しようとするものなんだそうである。
 ましてや母キツネであれば、子供たちを守るためにも危険な侵入者に対しては決然として対決するのであろう。そう言えば普段から他の動物に対して自分の縄張りを示すために糞や尿(尿はよく分からないが、糞は真っ黒なのでよく目立つ)を残すことも納得がゆく。
 もうひとつSさんの経験として、キツネを追い払う時は何でもよい(テイッシュでも)ので投げられるものを持っていて、それを投げつけると逃げて行くそうである。
posted by ぼたん園々主 at 23:10| Comment(0) | 日記

2018年07月24日

7/6〜7/20臨時休園後のぼたん園の様子

 平成30年7月6日(金)から7月20日(金)まで2週間、都合により臨時休園しました。翌7月21日(土)より再び開園しています。

 7月に入ってからはほぼ毎日雨が続いていましたが、留守の間も結構雨の日が多かったようで園内の草が大分伸びています。留守中のニュースとしては、先週の水曜日(18日)に北斗高校で発見された鹿が5頭、園内に逃げ込んだとのこと。その時はハンターや新聞記者も来て結構な騒ぎになったそうです。ところが、この記事を書いている今日(24日)の午後、またぞろ鹿が3頭現れました。そんなことで、21日以降今日までのぼたん園内外の様子をリポートします。

 7月20日(金)夜、帰宅しましたが翌日は園の北東側隣の河西建設さんで毎年恒例の「家族会」があり、私もお声を掛けて頂いていましたので12時からはそちらに参加させていただきました。
 午前中は園内を一巡しましたが、一番目につくのは草が伸びたこと、そして出かける前にはちらほら咲き始めていたバラとクレマチス(テッセン)がだいぶ咲いたこと、そして大姥ユリが一斉に花を咲かせたことです。

留守中に草が随分伸びました。でも、バラとクレマチス(テッセン)も大分咲きました。(7月21日 9:05撮影)
180724平成30年7月24日までの園内様子 001.JPG

北見での薔薇の路地栽培は厳しい環境です。冬、雪の下にならない部分は枯れて、翌年はまた一から出直しです。だから、なかなか大きくはなりません。(7月21日 9:05撮影)
180724平成30年7月24日までの園内様子 004.JPG

大姥ユリ。こんなに一斉に開花したのは珍しいです。年々増えています。(7月21日 9:17撮影)
180724平成30年7月24日までの園内様子 011.JPG
同じく大姥ユリの花(7月24日 17:44撮影)
180724平成30年7月24日までの園内様子 072.JPG

額アジサイと山アジサイ。区別がつけにくいですが、どうもこちらが額アジサイのようです。どちらも、これから増やして行きたい花です。(7月23日 11:18撮影)
180724平成30年7月24日までの園内様子 027.JPG

こちらが山アジサイのようです。背丈と葉、そして開花時期が少し違うようです。(7月23日 14:21撮影)
180724平成30年7月24日までの園内様子 050.JPG

今年も河西建設さんの家族会に呼んでいただきました(7月21日 12:21撮影)
180724平成30年7月24日までの園内様子 020.JPG

時折雨に降られましたが、北見ならではの美味しいBBQを堪能させていただきました。ごちそうさまでした。(7月21日 12:29撮影)
180724平成30年7月24日までの園内様子 023.JPG

 7月23日(月)は午前中から芝生の草刈り。芝生の東側半分は比較的草の伸びが少ないので手押し式の草刈り機で何とか終了したが、西側は草の伸びがよく草刈り機に草が絡み付いてすぐストップしてしまう。仕方なく肩掛け式の草刈り機に変更。後で手押し式で再度刈りなおす二度手間になるが止むを得ない。

草茫々となった芝生と草刈り機。草刈正雄に因んで正雄君と呼んでいる。(7月23日 13:12撮影)
180724平成30年7月24日までの園内様子 046.JPG

正雄君の手には負えず、肩掛け式の草刈り機のお出まし(7月23日 14:20撮影)
180724平成30年7月24日までの園内様子 049.JPG

7月23日(月)のアジサイ「アナベル」の様子(11:43撮影)
180724平成30年7月24日までの園内様子 031.JPG

同じく赤とピンクのバラ(11:44〜11:49撮影)
180724平成30年7月24日までの園内様子 034.JPG
180724平成30年7月24日までの園内様子 039.JPG
180724平成30年7月24日までの園内様子 041.JPG

同じくクレマチス(テッセン)(11:50、51撮影)
180724平成30年7月24日までの園内様子 043.JPG
180724平成30年7月24日までの園内様子 044.JPG

 7月24日(火)は久しぶりに晴れたので午前中はタマネギ畑の草取りをしました。草原と化した畑にはタマネギとニンニクしか植えていません。両方とも留守にする直前に草取りをしたにもかかわらず、草に埋もれてしまいそうです。

草原と化した野菜畑(7月24日 10:40撮影)
180724平成30年7月24日までの園内様子 052.JPG

タマネギの草取り。どっこいしょ!(7月24日 12:24撮影)
180724平成30年7月24日までの園内様子 053.JPG

やっと草取りの終わったタマネギ畑。右隣のニンニクはこれから。(7月24日 17:29撮影)
180724平成30年7月24日までの園内様子 065.JPG

なんとか撮った鹿。母鹿と小鹿2頭と思われる。(7月24日 13:27撮影)
180724平成30年7月24日までの園内様子 054.JPG

この日の夕方には芝生でコギツネ2頭がじゃれ合っていました(7月24日 16:30撮影)
180724平成30年7月24日までの園内様子 063.JPG


posted by ぼたん園々主 at 22:35| Comment(0) | 日記

2018年07月22日

孤独についてー再考

 今日は平成30年7月22日(日)。午前中は曇り、時々小雨が降り気温は17℃と肌寒い。園内の体感温度は15℃くらいか。午後からも陽が射すことはなく、一日中曇りで、この記事を書いている現在の午後11時過ぎの気温は14℃である。
 さっきからAMAZON MUSICで「旅先で読書しながら聴くクラシック・ピアノ」と題したアルバムを聴いている。家の中は自分一人であり、近隣の家まで恐らく50m以上の距離があるので、気兼ねなくボリュームを上げることも可能だ。でも、深夜のピアノは小さ目の音量がいい。

 6月12日の記事、下重暁子著 「極上の孤独」を読んで、にも書いたように僕は人間は元来、孤独な生き物だと思う。どこまで行っても真に他人を理解することはできないし、従って他人から真に理解されることもあり得ない。そもそも理解を求めることに無理があると思うからである。自分自身が自分のことさえ本当に理解しているとも思えないのに、ましてやである。

 孤独と寂しさは違うと言うけれど、確かに孤独イコール、あるいは即寂しさではないが、この人だけには自分を理解して欲しいと思うことはある。そうした時に、全くその人に理解されない時には深い寂しさを感じる。それが誤解にもとづく場合はなおさらである。

 誰でも歳をとる。徐々に友人、知人、そして一番身近な肉親との別離がやってくる。いつかは自分一人になるかも知れない。歳を重ねても最後にお互いに少しは理解しあえる可能性があるとすれば、唯一それは夫婦であり、男女の関係であると思う。しかし、夫婦であっても、そうでなくても二人の間に本物の愛が無ければそれは他人と同じである。年老いた夫婦がお互いにいたわり、助け合いながら暮らしているのを見ると素直にいいなと思う。そういう夫婦を見ていると本当の”愛”とは、お互いに相手を思いやり、尊敬し、慈しむ心のことだと思う。

 古今東西、無数の小説、映画が愛をテーマに作られてきた。映画や小説では圧倒的に若者から中年くらいまでの恋愛をテーマにしたものが多かったが、最近は老年の恋(といっても昔、若いころに恋をした相手に再会したなどという設定が多い)や老夫婦の愛情をテーマにしたものも増えている。
 チャン・イーモウの「初恋の来た道」、ジュゼッペ・トルナトーレの「ニュー・シネマ・パラダイス」の恋物語はもうすでに夢物語になってしまったが、寡聞にして最近の老年や老夫婦をテーマにした映画で記憶に残っているものは少ない。2,3年前に見た映画ではミヒャエル・ハネケの「愛、アムール」くらいか。余談ながらハネケの作品を最初に見たのは「ピアニスト」だった。
 
 話が逸れてしまったが、映画については別の機会に譲るとして孤独とは、逆説的に言えばどんな環境にあっても愛する対象があればそれは孤独とは言えない。その対象は配偶者であり、家族であり、恋人であり、友人であり、想いを寄せる人であり、自分自身であり、信仰のある人にとっての神であり、あるいは人間ではないかも知れない。
 歳とともにそれらの対象は失うこともあり、または距離は遠くなって最後には自分一人と感じるかも知れない。しかし、一番大事なことはその愛が本物かどうかということだと思う。本物の愛には必ず犠牲が伴う。どんな犠牲も厭わない心、行為が愛だと僕は思う。

  寂しいから他人と繋がりたい、一人では不安だからできるだけ多くの他人と繋がりたいというのは孤独とは何の関係もないし、そこに本当の愛が存在していないのならば空しいだけだ。そこにあるのはお互いの利害や自己顕示欲だけであると言っていいと僕は思う。
  ましてや個人的な情報が不特定多数の眼に常時、晒されているような環境で本当の愛が生まれるはずがないし、人間と人間の結びつきはそんな他愛もないきれいごとだけでで成熟するはずもないだろう。

 でも、こうやって深夜一人でブログを書いている自分を振り返ってみるに、そこにある誰かに見て貰いたい、誰かに自分の存在に気づいて貰いたいという心理、あるいは自分の人生が全くの無駄ではなかったことを自分自身に納得させたいと思う心理は、果たして本人が意識しているか否かを問わず寂しさの表れなのではないとは否定できない。
  何かを表現したいという本能にも近い心の動きは、人間が個々には本来孤独な存在であることを如実に示しているのではないだろうか?

 まだまだ言い足りないこと、書き足りないことはあるが、今日はこのくらいにしよう。
 
posted by ぼたん園々主 at 23:26| Comment(0) | 日記

2018年07月14日

束の間の山歩き ー 夜叉神峠

 平成30年7月13日(金)、前夜の予報では雨で雷も発生することになっていましたが、一部の地域を除いて雨は降らず、雷もありませんでした。

 今回はプライベートな用事があるため、ぼたん園は臨時休園とし、2週間ほどの予定で川崎の自宅に来ています。その合間を縫い久し振りに友人Iさんに誘われて、中央高速の甲府昭和ICから40分ほど車を走らせて芦安温泉のさらに少し奥にある「桃の木温泉山和荘」に1泊して、翌日夜叉神峠まで登る計画です。

 朝9時少し前に家を出て、Iさんの自宅には約束の10時半の15分前に到着、Iさんの奥様に見送られて出発、八王子ICから中央自動車道に入り甲府を目指します。甲府に近づくにつれ陽も差すようになり気温もぐんぐん上がって来ました。

 甲府昭和ICで高速道路を降り、東のJR甲府駅に向かいます。甲府の名物といえば「ほうとう」ですが、我が家では長年、北杜市の「藤乃屋」の「手打ち蕎麦」と「鳥もつ煮」のコンビです。しかし、今回は時間がないのでJR山梨駅近くにあるIさんお勧めの元祖「鳥もつ煮」発祥の店、「奥藤本店」での昼食とします。

元祖 鳥もつ煮 「奥藤本店」(7月12日 12:34撮影)
180713i-phone夜叉人峠山歩き 001.JPG

鳥もつ煮発祥の店を謳っています(7月12日 12:34撮影)
180713i-phone夜叉人峠山歩き 002.JPG

手打ち蕎麦と鳥もつ煮(7月12日 12:54撮影)
180713i-phone夜叉人峠山歩き 004.JPG

 甲府での昼食を終え、一休みしたところで今晩の宿である桃の木温泉 山和荘へ向かいます。甲府市街を抜けて一路、南アルプスを目指して西へと車を走らせ、徐々に山へと高度を上げて行きます。
 芦安温泉を過ぎると、鬱蒼とした森林が深い渓谷とともに続き、晴天にもかかわらず道が暗いため、車のライトを点灯して走行するようにゲートに立っている係員から指示を受けます。
 暫く登ってゆくと道が右にカーブして橋に差しかかる手前に桃の木温泉 山和荘の案内板があり、そのまま直進すると右側に茂った木に隠れて、うっかりすると行き過ぎてしまいそうな橋が架かっていて、その橋を渡ったところに今夜の一軒宿、山和荘があります。

桃の木温泉 山和荘(7月13日 8:51撮影)
180713i-phone夜叉人峠山歩き 020.JPG

日本秘湯を守る会の会員宿でもあり、自家噴出源泉は42.6℃、アルカリ性単純温泉で無職透明です。
男女別の内湯、露天風呂、貸切風呂(有料)を備えています。写真は内湯。(7月12日 15:06撮影)
180713i-phone夜叉人峠山歩き 012.JPG

同じく、露天風呂(7月12日 15:06撮影)
180713i-phone夜叉人峠山歩き 013.JPG

 翌朝は6:00に起床。ゆっくりと朝風呂を堪能して8:00から大広間にて朝食。客は我々を含めて3組のみ。
 地元の野菜を中心とする健康的な食事を済ませて、チェックアウト。
 ここから夜叉神峠の登山口までは車で約30分、登山口から峠までは約1時間(我々は少しゆっくり登ったので+15分かかった)、下りは約45分の行程。

夜叉神峠登山口にて。登り口に蛇口があり、ここで水筒を満たすことができます。(7月13日 9:24撮影)
180713i-phone夜叉人峠山歩き 026.JPG

登山道は整備されていて、広葉樹や針葉樹の森の中を気持ちよく登ることができる。
180713夜叉人峠山歩き 005.JPG

夜叉神峠。峠からの見晴らしはよい。頂上に雲がかかってしまっていますが、左から農鳥岳(3,026m)、間ノ岳(3,190m)、北岳(3,193m)
180713i-phone夜叉人峠山歩き 029.JPG

下山して、再び山和荘の露天風呂で汗を流した(7月13日 12:55撮影)
180713i-phone夜叉人峠山歩き 033.JPG


posted by ぼたん園々主 at 18:14| Comment(0) | 日記

2018年07月01日

自然の恵みと愉しみ

 今年の牡丹は6月7日(木)が最高でしたが、8日以降は雨と低温でこのままだと野菜や生り物の生育が心配されました。でも、月末になって日中は園内で草刈りをしていても汗がしたたり落ちるようになり、夜も暖房が無くても寒くなくなりました。

 こうなると現金なもので、園内でも待っていたように花は咲き始め青かったイチゴが赤くなり、ハスカップの実は黒く色づきます。これから7月、8月、9月と梅、ブルーベリー、キイチゴ、ブラックベリー、コクア(和名サルナシ)など、そして最後に10月には山ブドウと、収穫期を迎えます。

 収穫そのものも楽しいのですが、何と言っても漬物にしたり、焼酎漬けにしたり、ジャムにしたり、そしてワインに加工したりして貯蔵できるかたちにする工程がまた愉しいのです。もちろんこれらの素材は園内の自然の腐葉土が育んだものですから、素材そのものを生かすため、できるだけシンプルに余計なものを加えたり、引いたりせずに造ります。

 その年の天候によって恵みは左右され、豊作の年もあれば全くダメな年もあります。
 今年はいろいろとあって、野菜は例年と異なりわずかな種類しか作っていませんが果実の大部分は私が来てから植えたブルーベリー、ハスカップ、グズベリー、イチゴを除くと昔から自生に近いもので、何も手をかけないでも毎年果実をもたらしてくれます。

今年の畑はお休みです。作っているのはタマネギ(手前)とニンニク(奥)の2種類だけ。(6月29日 8:55撮影)
180629牡丹が終わって静かな園内 059.JPG

園内の畑ではトマト(ビニールハウス)とイチゴ(ビニールハウスの左隣り)とトウモロコシ(ビニールハウスの手前の畝)と私が食べる分だけのキウリとピーマンだけ。(7月1日 11:38撮影)
180701平成30年6月末〜7月初園内の様子 041.JPG

梅は梅酒と梅干しにします(6月29日 8:42撮影)
180629牡丹が終わって静かな園内 039.JPG

ブルーベリーは甜菜糖(北見ではビート糖)を加えてジャムを造ります。収穫は8月に入ってからです。(7月1日 9:12撮影)
180701平成30年6月末〜7月初園内の様子 027.JPG

ブラックベリーの白い花。ブラックベリーも果実酒(焼酎漬け)かジャムにします(6月29日 17:33撮影)
180701平成30年6月末〜7月初園内の様子 004.JPG

コクアの木。平成28年8月の台風で倒伏しましたが、立ち直りました。(6月29日 17:35撮影)
180701平成30年6月末〜7月初園内の様子 007.JPG

コクアの実。秋に収穫します。果実酒(35度焼酎漬け)にするかジャムにします。(6月29日 17:35撮影)
180701平成30年6月末〜7月初園内の様子 006.JPG

ハスカップの木(6月30日 8:15撮影)
180701平成30年6月末〜7月初園内の様子 028.JPG

収穫したハスカップの果実。去年は7月8日に収穫しているので半分に留めました。(6月30日 18:14撮影)
180701平成30年6月末〜7月初園内の様子 036.JPG

収穫したハスカップの実を甜菜糖(ビート糖)を加えて弱火で煮詰めます(6月30日 21:54撮影)
180711iphone画像 072.JPG

ハスカップジャムの完成(7月1日 12:10撮影)
180701平成30年6月末〜7月初園内の様子 042.JPG

山ブドウの花。最後に収穫するのは山ブドウで、10月に入ってからになります。(6月29日 8:56撮影)
180629牡丹が終わって静かな園内 061.JPG
 
 続きを読む
posted by ぼたん園々主 at 20:18| Comment(0) | 日記