2018年07月01日

自然の恵みと愉しみ

 今年の牡丹は6月7日(木)が最高でしたが、8日以降は雨と低温でこのままだと野菜や生り物の生育が心配されました。でも、月末になって日中は園内で草刈りをしていても汗がしたたり落ちるようになり、夜も暖房が無くても寒くなくなりました。

 こうなると現金なもので、園内でも待っていたように花は咲き始め青かったイチゴが赤くなり、ハスカップの実は黒く色づきます。これから7月、8月、9月と梅、ブルーベリー、キイチゴ、ブラックベリー、コクア(和名サルナシ)など、そして最後に10月には山ブドウと、収穫期を迎えます。

 収穫そのものも楽しいのですが、何と言っても漬物にしたり、焼酎漬けにしたり、ジャムにしたり、そしてワインに加工したりして貯蔵できるかたちにする工程がまた愉しいのです。もちろんこれらの素材は園内の自然の腐葉土が育んだものですから、素材そのものを生かすため、できるだけシンプルに余計なものを加えたり、引いたりせずに造ります。

 その年の天候によって恵みは左右され、豊作の年もあれば全くダメな年もあります。
 今年はいろいろとあって、野菜は例年と異なりわずかな種類しか作っていませんが果実の大部分は私が来てから植えたブルーベリー、ハスカップ、グズベリー、イチゴを除くと昔から自生に近いもので、何も手をかけないでも毎年果実をもたらしてくれます。

今年の畑はお休みです。作っているのはタマネギ(手前)とニンニク(奥)の2種類だけ。(6月29日 8:55撮影)
180629牡丹が終わって静かな園内 059.JPG

園内の畑ではトマト(ビニールハウス)とイチゴ(ビニールハウスの左隣り)とトウモロコシ(ビニールハウスの手前の畝)と私が食べる分だけのキウリとピーマンだけ。(7月1日 11:38撮影)
180701平成30年6月末〜7月初園内の様子 041.JPG

梅は梅酒と梅干しにします(6月29日 8:42撮影)
180629牡丹が終わって静かな園内 039.JPG

ブルーベリーは甜菜糖(北見ではビート糖)を加えてジャムを造ります。収穫は8月に入ってからです。(7月1日 9:12撮影)
180701平成30年6月末〜7月初園内の様子 027.JPG

ブラックベリーの白い花。ブラックベリーも果実酒(焼酎漬け)かジャムにします(6月29日 17:33撮影)
180701平成30年6月末〜7月初園内の様子 004.JPG

コクアの木。平成28年8月の台風で倒伏しましたが、立ち直りました。(6月29日 17:35撮影)
180701平成30年6月末〜7月初園内の様子 007.JPG

コクアの実。秋に収穫します。果実酒(35度焼酎漬け)にするかジャムにします。(6月29日 17:35撮影)
180701平成30年6月末〜7月初園内の様子 006.JPG

ハスカップの木(6月30日 8:15撮影)
180701平成30年6月末〜7月初園内の様子 028.JPG

収穫したハスカップの果実。去年は7月8日に収穫しているので半分に留めました。(6月30日 18:14撮影)
180701平成30年6月末〜7月初園内の様子 036.JPG

収穫したハスカップの実を甜菜糖(ビート糖)を加えて弱火で煮詰めます(6月30日 21:54撮影)
180711iphone画像 072.JPG

ハスカップジャムの完成(7月1日 12:10撮影)
180701平成30年6月末〜7月初園内の様子 042.JPG

山ブドウの花。最後に収穫するのは山ブドウで、10月に入ってからになります。(6月29日 8:56撮影)
180629牡丹が終わって静かな園内 061.JPG
 
 続きを読む
posted by ぼたん園々主 at 20:18| Comment(0) | 日記