2018年08月10日

新百合内科の高橋先生ご一家来園

 平成30年8月9日(木)朝から雨なので休園とした。
 午後、突然女性の声で電話がかかる。「新百合内科」と聞き取れたが頭の回転が追いつかない。「高橋先生の奥様ですか?」と私。「今、女満別空港に着いたところで、これからレンタカーを借りてぼたん園にお寄りしてもいいですか?」と奥様。

 高橋先生とのお付き合いはもう何年になるだろうか。20年以上前から血糖値は高めだったので最初は近所の長井先生のお世話になっていたが、先生が引退されて同じく近くの「新百合内科」を訪ねたのが最初だ。
 
 私はこの10年来、川崎と北見を大体半年ずつ行き来しているので川崎にいるときは高橋先生、北見にいるときは「うれし野内科クリニック」の岡本先生にお世話になっている。おおよそ1か月に一度、血糖値を初めとする検診と薬を受け取りに行く。

 検診の時の雑談で高橋先生は私が川崎と北海道を、当時はオートバイで行き来していたこと、北見で野菜や花を育てていること、それと山ブドウワインの話に興味を持たれたのかも知れない。

 最近、私がブログを書いていることを話すと早速ご覧になったとみえ、ポルトガル、スペインで美味しいものを食べてきたので血糖値が少し上がっていますね、と言われた。

 また、メールをいただき今年の夏休みには家族で北海道旅行を計画しているのでそのころは北見にいますかと問い合わせをいただいた。ちょうどこのころ夏の間、世田谷の東京農大のワイン講座を受講するために奔走していたので申し訳ないが不在かも知れない旨お伝えした。

 その後、ワイン講座の内容が私が意図していたものと違ったので4月20日過ぎには北見に来た。すっかりそのことは忘れていたが、先生は憶えていてくださったのだ。

 14:00頃、高橋先生ご夫妻、二人のお子さんたち(小4と年長だそう)ご一家がお見えになる。
 とりあえず住宅で一服してから園内を一周、ご案内する。これから網走の方に向かわれるとのことであまり時間がなく、最後に野菜畑の回りに自生している山ブドウの前で写真を撮ってお別れした。

 この次はもっとゆっくり来てくださいね。北見の近くにもいいところがいっぱいありますので。
 ともかくはお立ち寄りいただき、ありがとうございました。

 高橋先生とご家族。園前の野菜畑、山ブドウの前で。(8月9日 15:31撮影)
180809新百合内科高橋先生一家来園 001.JPG

 
posted by ぼたん園々主 at 10:59| Comment(0) | 日記

T君来北。リニューアルしたマウレ山荘へ。

 平成30年8月3日(金)東京より会社時代の後輩、T君が札幌からバスで来北した。前日は札幌でやはり会社時代の友人と再会してホテル泊とのこと。18:30バスターミナルまで車で出迎え、そのままオホーツクビールへ直行する。車は今晩はオホーツクビールの駐車場に置いて、ぼたん園まで歩いて帰る予定。(翌日T君が車を取りに行った)
 予約なしであったが運よく二階席がひとつだけ空いていたので、階下の様子がよく分かる。この日はたまたま北見に合宿に来ているクボタのラグビーチームが一階を借り切っていたので賑やかである。

 先ずは地元の食材を使った料理を肴に地ビールで乾杯!(8月3日 18:56撮影)
180809平成30年8月9日までのiphone画像 046.JPG

 階下は筋骨隆々の野郎どもで賑やか(8月3日 19:29撮影)
180809平成30年8月9日までのiphone画像 047.JPG

 8月6日(月)は久しぶりに「塩別 つるつる温泉」と「マウレ山荘」、そして最後に常呂のカーリング場を見てくる計画で、午前10時20分にぼたん園を愛車Vitzにて出発。
 11時につるつる温泉到着。先ずは名湯掛け流し温泉「竜神の湯」へ。貸切状態。30分ほどで一旦服を着て、大浴場に移動。この日は残念ながら露天風呂は清掃中で入れなかった。

 貸切状態のつるつる温泉竜神の湯。本当に肌がつるつるになり、暖かさが冷めにくい泉質だ。(8月6日 11:39撮影)
180809平成30年8月9日までのiphone画像 068.JPG

 この日も気温30℃を越えたが、外気は爽やかだ(8月6日 11:45撮影)
180809平成30年8月9日までのiphone画像 071.JPG 

 12:30つるつる温泉出発、13:45マウレ山荘に到着。先月中旬までリニューアル工事中でクローズしていたが、今日は久しぶりの訪問だ。外見は一見するとあまり変わっていないように見えるが、よく見るとキレイになった。また、内装もよりシックな色合いと高級感が増したように感じる。
 ただし、日帰り入浴は無くなりホテル内の浴場は宿泊客専用となる。まだ着工していないが日帰り客専用の浴場棟が新築されることになっているとのこと。そうなると、従来のだれでも70歳以上の日帰り入浴は無料という恩恵は無くなってしまうのか?そうだとすれば誠に残念な気がする。食事も以前と変わらず美味しいが値段が少し(2〜3割)高くなった。宿泊料金も上がったようだ。(タリフは現在作成中とかでネットで確認するしかない)
 また、マウレミュージアムは既に改装が終わって、旧体育館での展示に変わったそうである。(残念ながらこの日は時間が無く見ることはできなかった)

 新装(リニューアル)なったマウレ山荘の外観(8月6日 14:57撮影)
180809平成30年8月9日までのiphone画像 077.JPG

 より落ち着いた雰囲気となったホテル内部フロント(8月6日 14:38撮影)
180809平成30年8月9日まで 040.JPG

同、ラウンジ(8月6日 14:38撮影)
180809平成30年8月9日まで 037.JPG

 16:00マウレ山荘を後にし、遠軽、湧別を経由してサロマ湖を左に見ながら常呂へ向けてひた走る。もう少し遅ければサロマ湖の夕陽が見られたのだが。途中、地元では(佐呂間はもちろん、北見でも)有名な魚が安いと評判の斉藤商店に立ち寄り、サケトバ(サケの魚肉を皮付きのまま削いで天日干ししたもの)1,800円を購入。

 サケトバとは?帰宅してその夜にビールの肴として二人で一本は食べてしまった。(8月8日 16:59撮影)
180809平成30年8月9日まで 051.JPG

 17:30常呂町のカーリングホール(スポンサーの名前を冠してアドビックス・トコロ・カーリングホールと呼ぶらしい)に到着。この日は月曜日で定休日のため内部は見ることができなかった。

 常呂カーリングホールの前にて。想像していたより大きな建物だった。(8月6日 17:39撮影)
180809平成30年8月9日までのiphone画像 081.JPG

 カーリングホールからも近い常呂町の「松寿し」。本橋を初め「そだねー」で有名になったカーリング娘もよく食べにくるという。(8月6日 18:04撮影)
180809平成30年8月9日まで 047.JPG

 北見へ帰ってきたのは18:00であった。車を置いて歩いてトリトンへ。結構混んでいて少し待たされた。
 ネタが新鮮なので旨い。21:00帰宅。
  
posted by ぼたん園々主 at 00:44| Comment(0) | 日記