2019年07月21日

北見、2階の書庫。

  北見の自宅2階にある書庫には、誰が購入して、誰が読んでいたのか分からない本が沢山ある。

  平成17年に亡くなるまで、叔母は現在「遊木民族」がある店舗の2階に住んでいた。そこには所狭しと本が積まれていたが、叔母が亡くなってから現在の住宅(名義は宗教法人になっているので、庫裏と言った方がよいのかも知れない)を改修したときに、2階のそれまでは浴室があった部分を書庫に改修して、そこに本を移した。
  
<庫裏の2階にある書庫。左側の書棚の上にある写真は、祖父の貴一。>
190719i-phone画像 007.JPG

  森鴎外全集(筑摩書房)については、全八巻のうち第一巻は短編小説がその発表順に納められている。鴎外が小説の処女作「舞姫」(明治23年)から、「蛇」(明治44年)に至る29編である。鴎外の年齢でいえば、29歳から50歳までの期間の作品である。
  僕は今まで、鴎外の作品は読んだ記憶はないが、「舞姫」、「うたかたの記」、「文づかい」、「ヰタ・セクスアリス」などの題名は映画や何らかの記事などで見たり聞いたりしたことがある程度だ。

  第二巻には、「雁」を除けば全作品中、唯一の現代物の長編、「青年」が収録されている。

  どういう訳か、第三巻(「雁」、「阿部一族」、「山椒大夫」などの歴史小説を収録)が見当たらず、第四巻は、鴎外晩年の史伝(伝記)作品である。続いて第五巻(伊澤蘭軒)、第六巻(北条霞亭他)と抜けていて、第七巻は鴎外の文芸評論、随筆、日記及び詩歌の一部を集めたものである。

  続いて、第八巻(「即興詩人」、「於母影」他)が抜けていて、巻外の「森鴎外研究 吉田精一編」として、当代一流の作家、文筆家たち、佐藤春夫、小泉信三、斉藤茂吉、三島由紀夫、永井荷風、与謝野晶子などによる鴎外に関する論評、解説、交流などと年譜、参考文献などが収録されている。

  第三巻の「雁」、「阿部一族」、「山椒大夫」などは僕の遠い記憶のなかでは、まだ北見にいた頃だから小学校高学年か中学生の頃に、何で読んだかの記憶は定かではないが、かすかに読んだ記憶が残っているので、今一度読み返すことが叶わないのは残念である。誰かが持ち出して、そのままになってしまったのだろうか。

  芥川龍之介全集(岩波書店)については、全12巻が揃っている。それと、なぜか日本現代文學全集・講談社版 56 芥川龍之介集が一冊ある。
  
  何歳の頃だったのだろうか、多分北見にいた時だから小学生か中学生のころと思うが、今でも「蜘蛛の糸」や「杜子春」を読んだ時の記憶は鮮明に憶えている。自分は将来、どういう人間、大人になるのだろうか、カンダタや杜子春に重ね合わせて想像を膨らませていたように思う。

<森鴎外全集 筑摩書房(左) と 芥川龍之介全集 岩波書店(右)>
190719i-phone画像 008.JPG

  魯迅選集(岩波書店)は、全13巻のうち、第7巻と第13巻が欠損している。

  プラトン T 生涯と著作 田中美知太郎著 岩波書店 と プラトン全集 岩波書店 は全15巻のうち、なぜか第1巻から第9巻までが揃っているが、第10巻以降は見当たらない。他に角川書店版のプラトン全集1 編集 山本光雄 が1冊ある。

  日本古典文学全集 小学館 全51巻は、第11巻、第36巻、第48巻、第51巻の4巻が見当たらないが、その他の巻は残っている。

  魯迅、プラトン、古典文学といい、誰が購入し、誰が読んでいたのか推定できない。

  僕は、いづれも受験勉強で魯迅の代表作として、「阿Q正伝」、「狂人日記」があること、プラトンは古代ギリシアの哲学者で「イデア論」を唱えた、くらいの知識しか持ち合わせない。もちろん、それらの著作を読んだこともない。

  魯迅は中国共産党、毛沢東とも近いし、とても祖父貴一が関係しているとは想像もできないし、ましてやプラトンに関心があったとは考えられない。叔母の節子も両方ともにイメージができないのである。

  古典文学全集については、恥ずかしながら高校時代の古文や日本史の授業で学習した記憶はあるが、内容については全く思い出せない。

<魯迅選集(岩波書店)とプラトン 田中美知太郎著(岩波書店)並びにプラトン全集 岩波書店(上段)日本古典文学全集 小学館(下段)>
190719i-phone画像 011.JPG

  新訂 小林秀雄全集 新潮社 全13巻+別巻2のうち第3巻以外は全巻揃っている。別に、講談社 思想との対話6 小林秀雄 古典と伝統について、及び 文芸春秋 考えるヒント 小林秀雄の各1冊がある。

  白洲正子の著作については、世界文化社から出版されている、「鶴川日記」が掲載されている「雨滴抄」の他に、「日月抄」、「風花抄」、「風姿抄」、「夢幻抄」がある。他に数冊あったが、誰かにより持ち出されて還っていない。他に、新潮社からの「随筆集 夕顔」と「白洲正子 遊鬼 わが師 わが友」、写真集「花日記」(世界文化社)の3冊がある。
  「鶴川日記」にある、旧白洲次郎・正子邸は何度か見学したことがある。小田急線の鶴川駅から歩いても15分か20分くらいで、予約すれば昼食も可能であった。

  現代語訳 正法眼蔵 増谷文雄著 角川書店 は、全8巻が揃っている。他に、安谷白雲著 「正法眼蔵参究ー現成公案」 春秋社版 がある。

  小林秀雄は、誰が購入して誰が読んだのか分からないが、白洲正子は叔母の節子であり、正法眼蔵は祖父の貴一であることは間違いがないであろう。
 
<小林秀雄全集 新潮社 と 白洲正子の本 世界文化社他 と 正法眼蔵 角川書店他 (上段)日本古典文学全集 小学館(下段)>
190719i-phone画像 013.JPG

  吉田健一全集 原書房 は、全何巻か不明だが、第1巻から第10巻までが揃っている。また、吉田健一著作集 集英社 は、全30巻のうち、第2巻から第9巻までと、第11巻、第12巻までがある。その他に、小説として「短編集 道端」(筑摩書房)、長編小説として「金沢」(河出書房)、「瓦礫の中」(中央公論社)、エッセイ集として「文明について」、がある。
  吉田健一については、全く名前も聞いたことがなく、何も知らない。ただ、原書房の折り込みに、大磯清談ー父子対談として、父吉田茂との対談が載っているので、吉田茂の息子であることが分かる。

<吉田健一全集 原書房 (右) と、吉田健一著作集 集英社 (中) と、小説、エッセイなど(左)>
190719i-phone画像 010.JPG

  鈴木大拙全集 岩波書店 は、全30巻+補巻二 が揃っている(補巻一が無いけれど)。鈴木大拙については、名前は聞いたことがあるくらいで、全く知らない。ネットで調べてみると、禅と仏教に関わり、キリスト教にも言及があるようである。そして、愛についても語っているようであり、興味が湧くが、この量を見ると、なかなか難解そうでもあり、読み切ることは難しそうだなあと思う。内容から推定すると、祖父の貴一かとも思われるが、叔母の節子であることも考えられる。

  さらに、鈴木信太郎全集 大修館書店、全5巻+補巻 があるが、この人についてはフランス文学者とあるが、読んでみないと全く分からない。

<鈴木大拙全集 岩波書店 全30巻+補巻の一部、第1巻から第24巻まで>
190719i-phone画像 012.JPG

  世界の歴史 中央公論社 全16巻。第1巻と第2巻が見当たらず、第3巻と第14巻が重複している。これとは別に、世界の歴史 講談社 全25巻があるが、第4巻だけが欠けている。

  聖書の歴史 講談社 全6巻+別巻1、2、3、4、の計10巻がある。
  聖書の歴史は、多分叔母節子のものと思われるが、世界の歴史は叔母のものかどうかは、分からない。少し後の世代、例えば僕や従姉妹兄弟のものかも知れない。

<世界の歴史 中央公論社 と、聖書の歴史 講談社 (上段) と、世界の歴史 講談社 (下段)> 
190719i-phone画像 009.JPG

  世界の名著 中央公論社 全66巻。これも、どうも中学生か高校生ぐらいの子供たちのために、誰か大人が買い与えたのではないだろうか?誰が、どこまで、読んだのだろうか?

<世界の名著 中央公論社 全66巻>
190719i-phone画像 022.JPG

  書道芸術 中央公論社 全20巻別巻4巻。ただし、第7巻、第10巻、第16巻が無い。誰が購入したのだろうか?書をやりそうなのは、祖父の貴一と伯父の二郎だが?

  ちょっと変わったところで、日本囲碁体系 筑摩書房 全18巻がある。第7巻が欠けている。これは誰のものかは分からないが、ひょっとすると、祖父貴一の弟、大叔父の十二郎かも知れない。

<書道芸術 中央公論社 全20巻と別巻4巻の一部(下段) と 日本囲碁体系 筑摩書房 全18巻、ただし、第7巻が抜けている(上段)>
190719i-phone画像 026.JPG

  そのほかにも、長谷川如是閑選集 栗田出版会 全7巻+補巻1巻、同じく、国家行動論1巻、や 山口剛著作集 中央公論社 6巻、や 澤木興道著作集 大法輪閣 17巻+別巻1巻、などがある。

これらの本については、僕にはこれから先どのくらいの時間が残されているのかは分からないが、興味のあるものから読んでみたいと思っている。
  
posted by ぼたん園々主 at 01:07| Comment(0) | 日記