2019年09月26日

令和元年の園終い

  令和元年9月26日(木)、現在の時刻は20時18分です。今日は一日爽やかな晴天で、久しぶりのオホーツクブルーの空でした。
  いよいよ、今年も閉園まで残り僅かとなりました。9月29日(日)を最後に、来年春まで休園とさせていただきます。今年もご来園いただきありがとうございました。

  9月18日(水)に来年の計画として、現在ブルーベリー、ハスカップとグースベリーが夫々13本、5本、3本植わっている隣の30坪ほどの土地に、来年の春に新たにブルーベリー10本、ハスカップ4本の苗を植える予定です。そのための植穴をそれぞれ10か所、4か所掘り、ピートモス(泥炭の土壌改良材)を掘り土に漉き込みました。
  
  そして、一昨日(9月24日(火))は園の西側のグループホームゆうゆうぼたん園に隣接する、園内では一番陽当たりの好い空き地、と言っても夏に一度1m以上に伸びたセイタカアワダチソウを刈り取ったにもかかわらず、いまはまた20cmの高さの草原になっていますが、ここに再来年にはブルーベリーとハスカップを植えようと思っています。こちらは面積が見たところ500坪以上はあろうという広さなので慎重を期し、念のため来春取りあえずブルーベリーの苗を2株植えて土地の適否を見極めようと思います。

<来春にブルーベリー苗を2株植えて、土の適否を判断しようと思います。そのために2株分の広さの草を刈り、植穴を掘り、ピートモスを掘り土に混ぜて埋め戻します。来春植穴の位置が分かるように竹竿を差しておきます。以下、写真は全て(一部例外あり)左クリックで拡大できます。>
190926i-phone画像 002.JPG

  今日は午前中に、先日草刈りをしたサロンdeぼたん園から北に延びる歩道に残された刈り草を集めてリヤカーで堆肥場まで運びました。天気が良くて空気が爽やかなので気持ちよく作業が捗ります。

<竹のレーキ(竹製の熊手)で集めた枯草をフォークでリヤカーに積む。そして堆肥場に投入、来年以降の堆肥として利用します>
190926i-phone画像 022.JPG

  午後からは、牡丹の回りに植えてあるバラとクレマチスの株元の草刈りをしました。その後は、白い花のアジサイ、アナベルを来年に備えて株元15pほどに刈り取りました。

<バラのコーナー。一時は鹿がいたので(今はいないが、戻ってくる可能性がある)細い紐で囲っている>
190927i-phone画像 003.JPG

<牡丹の回りを囲むように植えられているバラ。コーナーから左の方向を見る>
190927i-phone画像 005.JPG

<同じく右方向を見る>
190927i-phone画像 006.JPG

<バラとクレマチスの株元の草刈りは小さな草刈り機で、アナベルの刈り取りは大きい方の草刈り機の出番です>
190926i-phone画像 023.JPG

<バラはまだまだこれから花が咲くものもあります>
190926i-phone画像 012.JPG

<アジサイのアナベルを刈ったところ>
190927i-phone画像 002.JPG

  その他の今日の園内の様子です。

<写真では、いつも芝生はきれいに刈ってありますが、夏場は2〜3週間ごとに刈らないと10p以上に伸びてしまいます。今回は40日ほど留守にしたので20cm以上に伸びてしまい、手押し式の草刈り機では刈ることができず、大きい円盤の草刈り機で刈り取った後、再度手押し式草刈り機で刈らなければきれいには刈れません>
190926i-phone画像 011.JPG

190926i-phone画像 017.JPG

190926i-phone画像 020.JPG

樹の根も頑張っています
190926i-phone画像 018.JPG

園児の元気な声が聞こえてきます
190926i-phone画像 013.JPG

posted by ぼたん園々主 at 22:24| Comment(0) | 日記