2019年11月09日

近況報告

  今日は11月9日(土)です。時刻は午後15時40分です。

  この1週間程は連日、爽やかな晴天が続いています。風も無く家に籠っているのは勿体ない気がして、例によって自転車を車に積んで、連日多摩川土手のサイクリングコースに出かけています。
  今日も1時間程前に、多摩川から戻ってきて遅い昼飯を食べてこの原稿を書き始めたところです。

  いつも自宅からは、小田急線を越えて津久井道へ出て、そこから抜け道を通って千代ヶ丘、読売カントリー、よみうりランドを越え、稲城大橋により多摩川を渡れば、そこからは目的地である府中市の小柳公園までは5分とかかりません。ここまで、家から約20分くらい。公園内にあるテニスコート脇の駐車場に車をとめて、自転車を車から降ろし、駐車場入り口すぐの土手を登れば、そこはもうサイクリングロードです。

<多摩川土手のサイクリングロード 右側の木立が府中市 小柳町 小柳公園>
191109i-phone画像 014.JPG

  多摩川サイクリングロード(左岸、東京都側)は多摩川河口(羽田)から玉川上水の取水口がある羽村堰堤(東京都羽村市、福生市の先)まで、およそ55qあります(実際は、さらに700mほど未舗装道路を走り阿蘇神社が終点となります)。小柳公園は、サイクリングロードの丁度中間点近くになります。

<たまリバー50キロの道路標識では、下流の川崎大師橋から28q、上流の羽村取水堰まで25qとなっている>
191116i-phone画像 002.JPG

  いつもは、そこから上流に向かって国立まで、丁度片道10qを往復したり、下流に向かって和泉多摩川まで片道約8qを往復します。以前は羽村まで往復したり、羽田までも往復したりしたこともありますが、今は無理はしないことにしています。それでも、往復で約1時間ほどかかり、丁度よい運動になります。

  10月12日の朝方、伊豆半島に上陸して13日朝に福島県付近から太平洋に抜けた大型で強い台風19号は、各地に記録的な強風と大雨をもたらしましたが、ここ多摩川も各地で氾濫し、両岸の東京都世田谷区や大田区、川崎市高津区の住宅街が多大な被害を受けました。
  それから、すでに1か月近くになりますが、まだ河川敷には流木がそのまま残されていたり泥が放置されています。サイクリングロードがある土手のすぐ下まで濁流がきていた痕跡が残っています。

<台風の痕跡が残る多摩川 11月8日夕方撮影>
191109i-phone画像 016.JPG

<同じく11月19日 午後撮影>
191109i-phone画像 024.JPG

  ところで、いつも自転車を運んでくれる愛車のTOYOTA VISTA ARDEOは、すでに20年近くになり走行距離も10万qを超えました。私はこの車が大好きで愛着があるのですが、そろそろ買い替えを考えなければなりません。モデルチェンジしていれば、すぐにでも購入していましたが、何故か残念ながらいまではもう製造されていません。本当によくできた車だと思います。

<もうすぐ、別れなければならないと思うと愛し子を手放す心境です。永い間、ありがとう。>
191109i-phone画像 020.JPG

<Vista Ardeoは発売と同時に購入しましたが、当時は5ナンバーにもかかわらず、室内空間はセルシオと同じ、というのが宣伝文句でした>
191109i-phone画像 017.JPG

  
posted by ぼたん園々主 at 20:41| Comment(0) | 日記