2018年08月09日

園内に鹿現る!!

 昨年も一度、鹿がぼたん園に逃げ込んできたことがありましたが、今年は私が出張中で休園中だった7月18日(水)に5頭の鹿が園内に逃げ込んできて市役所の職員やお巡りさん、地元猟友会の人、そして新聞記者がきて大捕り物となったそうです。

 一度は追われて園の外にバラバラに逃げたとのことでしたが、7月24日(火)の昼頃、スタッフのSさんから私の携帯に、鹿が園内に現われたので市役所に連絡して欲しいとの連絡が入りました。
 急いで園内を探すと、自宅近くの茂みに隠れている3頭の鹿を確認、スマホで写真を撮るとともに市役所に通報しました。
 午後1時過ぎに先ずお巡りさんが来園、その後すぐに市役所の職員が二人来園。私も含めて4人で園内を一巡しましたが、どこに逃げたのか見つけることはできませんでした。

 翌日7月25日(水)朝10時に園に隣接するこども園に鹿の件を連絡、子供たちに万が一が無いよう注意をお願いしました。鹿は臆病なので、驚くと突拍子もない行動に出る可能性があるので要注意です。
 この日の午後には、前の記事「キツネの縄張り」で書いたようにキツネの逆襲がありましたので、翌26日(木)には市役所の環境衛生課へ電話して、昨年から中止していた捕獲ワナを再設置してもらうよう依頼しました。
 この日の夕方5時に門を閉めて芝生の草刈りをしようとしたところ、芝生に鹿が3頭いるではありませんか。再び、市役所に電話、お巡りさんと市職員二人が来園。鹿は見つけましたが、「鹿を追い出すと、外に飛び出して走行中の自動車に衝突したり、他の民家に飛び込んだりしてけが人が出る恐れがあるので静かにして夜になって自然に山に帰るのを待って欲しい」とのこと!本気でっか!!うちはどないするねん!!
 この時点ではまだ、その後具体的に園内に被害が発生するであろうことに気が付いていなかったのです。

 7月29日(日)以降、8月2日(木)までは連日30℃超の猛暑が続き、7月31日(火)には北見でも34.5℃を記録。一日中草刈りをして汗をいっぱいかくと脱水症状のような状況になり、一日に2回シャワーを浴びて洗濯も2回。終いには頭がボーツとしてきて、翌日になっても前日何をしたか思い出せないほどでした。
 この日(31日)の夕方、この日も少し遅くなって門を閉めに行くと、正門を入って右側の通路に3頭の鹿を発見、たまたま持っていたカメラとスマホで写真に収めました。

 7月31日夕方、正門の近くで撮影した鹿、3頭(17:55撮影)
180809平成30年8月9日まで 003.JPG 

 8月1日(水)朝一にてSさんより、園内に植えてあるトウモロコシやピーマン、そしてタチアオイなどの花の芽が鹿に食われているとの報告がありました。
 そこで真っ先に頭に浮かんだのがブルーベリーでした。行って見ると案の定、あんなに一杯生っていたブルーベリーの実が殆ど無いではないか!!さらにそのうちの何本かの枝は無残にも折られています。
 しまった!!鳥やキツネは想定していたが、鹿にやられるとは!残念ながらあとの祭りです。
 今年は甜菜糖(ビート糖)を使って美味しくて健康にもよいジャムを造るんだと意気込んで、来年は大幅に苗を増やそうと園内で陽当たりの一番いい土地を、猛暑の中熱中症をもものともせず草刈りしたばかりなのに!!ぐやしい!!

 見事に食べられてしまい、おまけに枝まで折られたブルーベリー(8月5日 7:22撮影)
180809平成30年8月9日まで 018.JPG

 同上、7月の状態(7月27日 12:42撮影)
180729夏日のぼたん園 026.JPG

 ブルーベリー、ハスカップ、カシスの苗を増やそうと汗だくで草刈りをしたばかりの土地.でも悪いことばかりではありません。今年は4月21日に来北以来、6Kgの減量になりました。(8月6日 8:25撮影)
180809平成30年8月9日までのiphone画像 063.JPG

同上、草刈り前の状態。今年の減量の目標10Kgまで、あと4Kgです。(7月29日 9:35撮影)
180729夏日のぼたん園 064.JPG

 鹿に花芽を食べられたトウモロコシ(8月5日 7:27撮影)
180809平成30年8月9日まで 020.JPG

 同じく鹿に食べられたタチアオイ(8月5日 7:29撮影)
180809平成30年8月9日まで 022.JPG

 トウモロコシの回りにネットを張ったが、ネットの外にあったピーマンの花芽は翌朝までに食べられてしまった(8月5日 7:30撮影)
180809平成30年8月9日まで 023.JPG

 ギボウシの花まで食べられている(8月5日 7:35)
180809平成30年8月9日まで 026.JPG
posted by ぼたん園々主 at 20:48| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。