2018年08月16日

靖国神社参拝

 平成30年8月15日(水)、今日は73回目の敗戦の日。晴れ。午後の最高気温は33℃。
 前日の8月14日、北見より上京。午前11時に九段下の改札口にて、長男夫婦と待ち合わせて靖国神社に向かう。神社までの短い舗道は混雑している。それに増して道の両側には様々な団体が横断幕を張り、チラシを配ったり、署名を求めたりして騒々しい。例年は8月15日を避けて参拝するので静かなものだが、やはり想像したとおり15日当日の参拝は賑やかだ。

 いつものように一礼して鳥居をくぐり、手水舎で手と口をすすぐ。少し行くと右側のテントではなにやら聴衆を前に奥の演壇からマイクを通して話しているが、どこかで聞いたような外国人なまりのある声だ。ケント・ギルバート、そう彼だ。と思えば、左側では旧陸軍のカーキ色の軍服を着た兵隊と白い士官服を着た軍人が大きな掛け声を掛けながら行進している。

ケント・ギルバート氏の講演を聴く聴衆(8月15日 11:24撮影)
180715靖国参拝 005.JPG

 そして、雑踏を潜り抜け拝殿に近づくと神門から先は50mもあろうか、行列ができている。このかんかん照りにもかかわらず黙々と並んでいる。その両脇にはスキー場の人工降雪機のような機械が設置され水蒸気を吐き出しているが効果なし。
 暫く並んでいたが、こりゃだめだと観念し二人はまだ遊就館を見ていないと言うので、列の外へ出てその場で手を合わせ二礼して遊就館に向かう。

炎天下、参拝のため並ぶ行列(8月15日 12:43撮影)
180715靖国参拝 009.JPG

拝殿前の混雑(8月15日 12:45撮影)
180715靖国参拝 010.JPG

 遊就館に入って少しして正午とともに、その場で全員が黙祷。ここも混んでいて映画室も満席。飛ばして明治維新から大東亜戦争までの近代史解説や遺品の展示を見て、最後に英霊の遺影や遺書が展示されているところで久夫(僕の父であり、二人には祖父)と博(久夫の長兄。久夫は三男。ノモンハンで戦死。)の名前を探すが見当たらず。今まで何度か遊就館を訪れているが、「遺族が写真や遺書を提出した英霊だけが展示されていて、それ以外は展示していない」と断りが書いてある。母も祖父も何故か提出しなかったのだろう。

遊就館入口。ここも大混雑。(8月15日 11:54撮影)
180715靖国参拝 006.JPG

遊就館内部、入り口近くに展示されているゼロ式戦闘機。(8月15日 11:58撮影)
180715靖国参拝 007.JPG

 遊就館を出て、相変わらず拝殿前に並んでいる行列を横目に二人は神札をいただく列に。僕はここで二人とは別れて、歩いて飯田橋へ出て帰途に就いた。

 
posted by ぼたん園々主 at 00:11| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。