2019年09月18日

令和元年9月18日、来春の準備をしました

  今日は一日中曇り空でしたが、日中の最高気温は18℃と過ごしやすい一日でした。午前中から、来年の春に予定しているブルーベリー苗の植え付けの準備をしました。

  昨日、既に10年ほど前に植えてあるブルーベリー、ハスカップ、グズベリーを含めて、既に今回植え付けを予定している部分の草刈りをしてあるので、今日は来春植え付ける予定のブルーベリー10本、ハスカップ4本のための植穴を掘り、ブルーベリーは特に酸性土を好む(ハイブッシュではpH4.3〜4.8)ので、同じく昨日草刈が終わってからJAで購入してきたピートモスを掘り上げた土に混ぜながら穴に戻していきます。

<来春に定植する予定のブルーベリー、ハスカップの植穴>
190918i-phone画像 026.JPG

  10年前、まだ北見に来て間もないころ北海道では昔から果樹栽培が盛んな余市、仁木に隣接する赤井川村でブルーベリー園「アリスファーム」を営む藤門 弘氏が書いた「ブルーベリー読本」(平凡社)を読みながら、ネットで調べた山形県東根市の「天香園」から、初めてブルーベリー12本、ハスカップ6本、グーズベリー4本、の苗を取り寄せて植えました。

<10年前に植えたブルーベリー>
190918i-phone画像 033.JPG

<同じく、ハスカップとグーズベリー>
190918i-phone画像 024.JPG

  今では毎年、ハスカップとブルーベリーについては市販の瓶詰めのジャムだと500円〜1,000円ほどで販売されている大きさの倍の大きさの瓶で夫々10個ほどのジャムが造れるようになりました。

  ただし、昨年は園内に鹿が迷い込み、ブルーベリーの実を収穫前に食べられてしまいハスカップジャムのみとなってしまいました。鹿は実だけでなく、新梢も食べてしまうので今年も実が付きません。
 
  今年はSさんが果樹圃場の回りを鹿の侵入を防ぐネットで囲んでくれたので、来年からは鹿が出現する前のように収穫できるようになるでしょう。
  果樹の敵には、鹿以外にも雪、害虫、病害、鳥、ネズミ、などがありますが、今までのところでは実際に被害があったのは鹿と雪、ネズミであり、それぞれ対策が必要となります。
  
posted by ぼたん園々主 at 23:39| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。