2019年06月11日

「クララ・シューマン」

  令和元年6月11日(火)10:50AM、この記事を書き始めた。ここは、川崎の自宅の我が書斎である。

  僕が、今でも最も好きな曲のひとつはシューマンの作曲したピアノ曲「トロイメライ」である。ピアノ曲集「子供の情景」のなかの一曲である。特に、ホロヴィッツの演奏する「トロイメライ」を聞くと、どんなときでも心が落ち着き、やさしい気持ちになれる。

  クララ・シューマンはクラシックファンにとっても、ほとんどはシューマンの妻として知られているだけで、ブラームスが好きなクラシックファンであれば、彼が生涯独身で通したのはクララ・シューマンを理想の女性として慕い続けていたからだ、などと知っているのではなかろうか。じつは僕も、その程度の知識しか持ち合わせていなかった一人である。

  この本を読むと、クララはクララ・ヴィークとして8歳のときにデビューしたときから、天才少女ピアニストとして名声を高め、21歳で9歳年上のロベルト・シューマンと結婚するが、彼は結婚の数年後から精神を病むようになり、ついには46歳で世を去ることになる。その間クララは7人の子どもを生み、ピアノを弾くことで夫の療養費と子どもたちの教育費と生活費をまかない、夫と子どもたちを守り抜く。

  そして、夫ロベルト・シューマンの没後も、40年間にわたって夫の作品を世に出すべく各地の演奏会で弾き続け、作品を整理、校訂し、シューマン全集の出版にも携わるなど、今日のロベルト・シューマンの評価に繋がる努力をし続けた。さらには、生涯にわたり作曲の才能を発揮し、優れた楽曲を多数残してもいる。

  また、76歳の生涯のうち44年間に及ぶヨハネス・ブラームスとの関係は、僕のような凡人には窺い知ることができないが、興味深いものである。

  いづれにしても、人として、妻として、母として、そして才能ある音楽家として、その生涯を毅然として生きた一人の女性の感動的な事実の物語である。

<「クララ・シューマン」 萩谷由喜子著 ヤマハミュージックエンタテインメントホールデイングス 編集 河西恵里>
190611i-phone画像 003.JPG

<日経新聞 令和元年6月1日(土)読書欄に掲載された記事。写真を左クリックで拡大できます>
190611i-phone画像 004.JPG

posted by ぼたん園々主 at 12:43| Comment(0) | 日記

2019年06月05日

ぼたん園からの「緊急のお知らせ」

  今日は6月5日(水)です。時間は11時10分です。今日は曇り、気温16℃です。ちょっと肌寒いです。午後からは雨の予報になっています。

  今朝も朝から端野町や佐呂間町からのお客様が見えています。牡丹は今が満開ですが、昨夜は雨が降っていましたので、今朝の牡丹は雨に濡れて花弁が重くなり、ちょっと俯(うつむ)いて見えます。ぱっと晴れて花弁が乾いて軽くなれば、また元気に空に向いて艶やかな姿を見せてくれるのですが・・・。

  ところで、緊急のお知らせです。
  ぼたん園の入り口は、南側の北3線通りに面した「正門」と、東側の緑園通りに面している「カフェ遊木 民族」前の「東門」の2か所にありますが、明日(6月6日(木))から1週間ほど、都合により「正門」を閉門し、「東門」からの入園のみとなります。 
  
  この間のお問い合わせは下記にお願いいたします。
      カフェ 遊木民族  0157−33−1324
      営業時間  11:00〜23:00 月曜日定休
      駐車場   約30台有


  
posted by ぼたん園々主 at 12:24| Comment(0) | 日記

2019年06月03日

令和元年6月2日(日)の牡丹開花情報

  6月2日、日曜日の牡丹の写真です。5月29日(水)道新の朝刊で報道されたためと、幸いにも穏やかな好天に恵まれたこともあって、6月1日(土)、2日(日)と多数のお客様が来園されました。

  6月3日(月)今朝も爽やかなオホーツクブルーの空です。牡丹はこの2,3日が満開でしょう。天候と気温にもよりますが、今週中までが見頃となりそうです。やはり、例年より1週間は早い開花です。
  写真は、いづれも6月2日、日曜日の夕方17:17〜17:46、閉園後に撮影した牡丹の様子です。写真を左クリックすると拡大写真が見れます。

  なお、本日6月3日(月)は開園していますが、入り口は北側の正門のみとなります。(カフェ遊木民族側の入り口は閉めています)

190602i-phone画像 013.JPG

190602i-phone画像 015.JPG

190602i-phone画像 018.JPG

190602i-phone画像 021.JPG

190602i-phone画像 022.JPG

190602i-phone画像 023.JPG

190602i-phone画像 031.JPG

190602i-phone画像 032.JPG

190602i-phone画像 036.JPG

190602i-phone画像 039.JPG

190602i-phone画像 027.JPG

190602i-phone画像 040.JPG

190602i-phone画像 041.JPG

posted by ぼたん園々主 at 11:21| Comment(0) | 日記

2019年05月31日

令和元年5月31日(金)、今朝の牡丹開花情報

  現在、令和元年5月31日午前10時40分です。

  昨日、30日午後と、31日今朝の牡丹の開花状況を写真でお知らせします。今週末から来週末にかけてぐらいが満開となりそうです。残念なことにスマホ撮りでもあり、なかなか本物の牡丹の花の気品までは表現できません。そして、やはり午前中(できれば早朝)が見頃です。

<5月30日 8:36撮影。 写真の上を左クリックすると拡大できます。以下同じ>
190531i-phone画像 005.JPG

<5月30日 14:49>
190531i-phone画像 012.JPG

<5月30日 14:49>
190531i-phone画像 014.JPG

<5月30日 14:56>
190531i-phone画像 022.JPG

<5月31日 10:13>
190531i-phone画像 025.JPG

<5月31日 10:15 手前、左右に咲いているのは九輪草。>
190531i-phone画像 030.JPG

<5月31日 10:16>
190531i-phone画像 034.JPG

<5月31日 10:17>
190531i-phone画像 036.JPG

<5月31日 10:17>
190531i-phone画像 037.JPG
posted by ぼたん園々主 at 11:15| Comment(0) | 日記

2019年05月29日

令和元年、牡丹の開花状況について

  令和元年5月29日(水)12時、この記事を書いています。今日は、昨日までとは打って変わって明け方から静かに雨が降って、気温も13℃と寒いくらいです。(室内は暖房しています)

  5月23日(木)から咲き始め、5月26日(日)、27日(月)と、連日38℃を超える猛暑(酷暑?)が続いたため、現在2割ほどの牡丹が咲いています。例年と比べて1週間以上早い開花です。牡丹の花は特に暑さと雨に弱いので、このままの気温が続くと5月のうちに満開を迎え、6月初めには終わってしまうのではないかとさえ思いました。

  しかし、今日はこのような天気、気温なので今後の予想が難しい状態です。スマホの天気予報では明日からの天気は曇りが多く雨もあるようで、気温は23℃〜25℃と、微妙に例年の開花状況に戻りつつあるような気もします。ただ、せっかく咲いても雨続きでは綺麗な花は長続きしません。

<咲き始めた牡丹(令和元年5月27日 10:15撮影)>
190528i-phone画像 054.JPG

<創立記念碑と牡丹(令和元年5月27日 10:27撮影)>
190528i-phone画像 056.JPG

<蓮華つつじ(令和元年5月23日 11:16撮影)>
190528i-phone画像 016.JPG

<連日の猛暑と芝生の様子(令和元年5月25日 11:36撮影)>
190528i-phone画像 036.JPG

  昨日28日(火)午後、北海道新聞の記者の方から電話があり、カメラマンの方と牡丹の取材に見えました。今日29日(水)午前、先ほど近くのローソンで朝刊を購入してきました。

<北海道新聞、令和元年5月29日 朝刊の記事。写真を左クリックすると拡大されます>
190529i-phone画像 002.JPG
posted by ぼたん園々主 at 14:37| Comment(0) | 日記