2018年08月14日

僕の心に残る好きな映画

  最近、映画を見る機会が少なくなった。昔(ビデオやネットが普及する以前)は映画を見るためには映画館に行くしかなかった。今は、ビデオを借りてきて見る時代も終わりに近づいている。

  現在はAMAZONのPRIME会員になっているので、いつでも直接ネットで好きな映画を視聴することができる。 ただし、好きな、と言ってももちろん見たい映画がなんでも見れるわけではない。特に最近の映画には見たいと思うものが少ないし、心に残っているような昔の映画も殆ど見られない。(と勝手に思っている)

  僕は中学2年の1学期までは北海道の北見市で育った。因みに生まれたのは東京、信濃町の慶応病院である。昭和20年3月と言えば東京が連日のB29による空襲により甚大な被害を受けていた時である。僕が生まれる前年の10月には既に父、久夫は遠くフィリピンのレガスピー空港から戦闘機で飛び立って戻らぬ人となっていた。

  そして、僕は3歳の時に母が病気になり横浜、鶴見の病院に入院したため父の実家である北見市の祖父の許に引き取られた。それから母がようやく退院して何とか普通の生活ができるようになったのを機に僕を取り戻すまで約10年間祖父母の許で暮らした。母の許へ戻ったとき僕は中学2年、13歳になっていた。

  僕の最初の思い出の映画は、小学生のころ毎年12月になると祖父に連れて行かれた「忠臣蔵」である。
  祖父は昭和の初めまでは道議会議員を務めていたが、昭和2年に最愛の妻を失ってからは政治からは身を引き牡丹園(当時)の創立、整備に全霊を傾けた。そして昭和14年に長男の博をノモンハン事件で、昭和19年には大東亜戦争(太平洋戦争)で三男の久夫(僕の父)を失った。「忠臣蔵」は思い出の映画というよりは祖父の思い出である。

  その後は、中学生の1,2年のころ見た石原裕二郎主演の映画である。当時北見の映画館は北見銀座と言われた繁華街に2軒か3軒あり、2軒は邦画、他の1軒は洋画が専門だったような気がする。邦画は確か東宝会館とか言ったと思うが、誰かと一緒に見に行った記憶は無いので一人で見に行った。

  「嵐を呼ぶ男」(昭和32年公開)、「風速40メートル」(昭和33年公開)、「錆びたナイフ」(昭和33年公開)、「紅の翼」(昭和33年公開)、「陽のあたる坂道」(昭和33年公開)などが記憶にある。
  中でも「陽のあたる坂道」は田舎町に育った自分にとって、東京の生活は眩しく憧れに近い存在に映った。
  そのころの記憶には洋画も何本かあり、他は忘れたがウイリアムホールデンの「慕情」(昭和30年公開)が内容は憶えていないが記憶に残っている。

  中学2年の2学期から(昭和33年か34年だと思う)僕は東京へ出てきて母と一緒に暮らすようになった。母はとても映画好き(といっても洋画だけで邦画は全く見ない)だったので、その影響を受けて僕も見るのは殆ど洋画だった。

  と言っても、当時は映画館で見た記憶は殆どなく専ら当時普及し始めたテレビ、それも我が家ではテレビを買う余裕は無かったので、大家さんの(当時は間借り暮らしだった)テレビを大家さんの留守中にお手伝いさんに、内緒で見せてもらった。

  また、母からは映画音楽についてもいろいろな名曲を教えてもらった。「エストレリータ」(1913年メキシコのマヌエル・マリア・ポンセ作詞・作曲)は誰の演奏で聞いていたのか記憶がないがよく聞いた。ビリーワイルダーの「Love in the Afternoon」の「魅惑のワルツFascination)」などなど、数え上げたらきりがない。これはマントヴァーニの演奏でよく聞いた。

  映画館に映画を見に行く時代からビデオ屋ができてビデオを借りて映画が見れるようになると、片っ端から面白そうな映画を借りて見た。

  思い出すままに挙げると、母に薦められて見たスペイン映画「汚れなき悪戯」、同じく母に薦められて見たビリー・ワイルダー監督、トニー・カーテイス、ジャック・レモン、そしてマリリン・モンロー主演のコメデイー映画、「お熱いのがお好き(Some Like It Hot)」、モンローと言えば、ジョン・ヒューストン監督、クラーク・ゲーブルとの共演、「荒馬と女」、アラン・パーカーの「Midnight Express」、ピーター・ウイアーの「モスキート・コースト」、「刑事ジョン・ブック/目撃者」。アンリ・ジョルジュ・クルーゾーのイブ・モンタン主演「恐怖の報酬」、デビッド・リーンの「戦場にかける橋」、「ライアンの娘」、「ドクトル・ジバゴ」、ジュゼッペ・トルナトーレの「ニュー・シネマ・パラダイス」、ピエトロ・ジェルミの「鉄道員」、「刑事」、フェデリコ・フェリーニの「道」、ルネ・クレマンの「禁じられた遊び」、ビットリオ・デ・シーカの「自転車泥棒」、クロード・ルルーシュの「男と女」、ニール・ジョーダンの「クライング・ゲーム」、スタンリー・キューブリックの「2001年宇宙の旅」、「フルメタル・ジャケット」、シドニー・ルメットの「12人の怒れる男」、マイケル・チミノの「デイア・ハンター」、フランク・キャプラの「素晴らしき哉人生」、チャールズ・チャップリンの「ライムライト」、「街の灯」、アルフレッド・ヒッチコックの「サイコ」、リチャード・ギア、デブラ・ウインガー主演、テイラー・ハックフォードの「愛と青春の旅立ち(原題はAn Officer and a gentleman)」、ジャック・タチの「僕の伯父さん」、フランス・ヌーヴェル・ヴァーグの先駆ルイ・マル弱冠25歳の、そしてジャンヌ・モローとマイルス・デイヴィスのミュートトランペットの存在感が印象的な「死刑台のエレベーター」、高峰秀子主演、木下恵介の「二十四の瞳」、同じコンビ+佐田啓二の「喜びも悲しみも幾年月」、小津安二郎の「東京物語」、「晩春」、「秋刀魚の味」、 黒沢明の「蜘蛛の巣城」(これは確か北見で見た)、「七人の侍」、「生きる」、小林正樹の「切腹」、「東京裁判」、「上意討ち 拝領妻始末」、熊井啓の「日本の熱い日々・謀殺下山事件」、「愛する」、監督や映画の内容は全く憶えていないが、主題歌の「Temptation」と主演女優のエレオノラ・ロッシ・ドラーゴは今も鮮明に憶えているイタリア映画「激しい季節」、ジェームスデイーン出演、エリア・カザンの「エデンの東」、ジョージ・ステイーブンス監督の「ジャイアンツ」、ニコラス・レイ監督「理由なき反抗」、マックイーン主演のピーター・イエーツ「ブリット」、マックイーンとダステイン・ホフマン主演のフランクリン・J・シャフナー、「パピオン」、ジーン・ハックマン主演、ウイリアム・フリードキンの「フレンチ・コネクション」・・・・・
 
  10年前のぼたん園でまだまだCOOPも、街灯も、もちろんLAWSONも無かったころ、夜10時頃外出から帰り、真っ暗な参道を歩きながらふと空を見上げると、黒々と天に向かって立つ木々の間から見たあの天の川のように輝く星たち。僕の心は君たちでできている。今でも。

   僕は嘘と虚構(絵空事)は嫌いだ。だから小説や映画もリアリテイーの無いものは興味が無い。一時期は宮崎駿の「風の谷のナウシカ」や高畑勲の「火垂るの墓」などのアニメ映画も新鮮に思えて見たが、僕にとってはやはりアニメは現実感がない。小説であっても所謂「社会派」と呼ばれるものや「ドキュメンタリー」ものが好きだ。

  「事実は小説より奇なり」というが作り物より、事実(真実)が一番面白い。だから映画も現実感の無いものは面白くない。俳優も「演技」を感じさせない俳優がいい。僕は特に最近の日本のイケメン俳優は映画俳優としては落第だと思うし興味がない。男としていかにも中味が薄っぺらい感じがしてしまい個性の強い俳優のほうが好きだ。洋画では単なるイケメンは通用しない。素人を起用して全く演技を感じさせない映画がたまにあるが新鮮でいい。

  蛇足だが、母が亡くなる2,3年前に我が家に自分で手作りの小さなホームシアターを作った。小さいながらスクリーンだけは100インチのスクリーンを入れた。映画好きだった母への親孝行のつもりだったが、世田谷まで迎えに行って川崎の我が家で映画を見て、また世田谷まで送って行った。
  最初に見せたのがチャン・イーモウの「初恋の来た道」とジュゼッペ・トルナトーレの「ニュー・シネマ・パラダイス」だったと記憶している。そのころから母は段々億劫になって見に来る回数も減り、もっといっぱい見せたかったが果たせなかった。

  今は、僕が半年は北見にいるのと、ビデオ屋が無くなったので見る機会が少なくなった。それと最近の新しいオーデイオ・ビジュアルの機器やケーブルは昔の機器には対応しておらず、ついつい面倒になって宝の持ち腐れ状態になっているが、時代はどんどん進んでNetを通じていつでも好きな映画が見られる(on demand)らしいので近いうちにまた復活させようと考えている。
 続きを読む
posted by ぼたん園々主 at 10:40| Comment(0) | 日記

2018年08月10日

新百合内科の高橋先生ご一家来園

 平成30年8月9日(木)朝から雨なので休園とした。
 午後、突然女性の声で電話がかかる。「新百合内科」と聞き取れたが頭の回転が追いつかない。「高橋先生の奥様ですか?」と私。「今、女満別空港に着いたところで、これからレンタカーを借りてぼたん園にお寄りしてもいいですか?」と奥様。

 高橋先生とのお付き合いはもう何年になるだろうか。20年以上前から血糖値は高めだったので最初は近所の長井先生のお世話になっていたが、先生が引退されて同じく近くの「新百合内科」を訪ねたのが最初だ。
 
 私はこの10年来、川崎と北見を大体半年ずつ行き来しているので川崎にいるときは高橋先生、北見にいるときは「うれし野内科クリニック」の岡本先生にお世話になっている。おおよそ1か月に一度、血糖値を初めとする検診と薬を受け取りに行く。

 検診の時の雑談で高橋先生は私が川崎と北海道を、当時はオートバイで行き来していたこと、北見で野菜や花を育てていること、それと山ブドウワインの話に興味を持たれたのかも知れない。

 最近、私がブログを書いていることを話すと早速ご覧になったとみえ、ポルトガル、スペインで美味しいものを食べてきたので血糖値が少し上がっていますね、と言われた。

 また、メールをいただき今年の夏休みには家族で北海道旅行を計画しているのでそのころは北見にいますかと問い合わせをいただいた。ちょうどこのころ夏の間、世田谷の東京農大のワイン講座を受講するために奔走していたので申し訳ないが不在かも知れない旨お伝えした。

 その後、ワイン講座の内容が私が意図していたものと違ったので4月20日過ぎには北見に来た。すっかりそのことは忘れていたが、先生は憶えていてくださったのだ。

 14:00頃、高橋先生ご夫妻、二人のお子さんたち(小4と年長だそう)ご一家がお見えになる。
 とりあえず住宅で一服してから園内を一周、ご案内する。これから網走の方に向かわれるとのことであまり時間がなく、最後に野菜畑の回りに自生している山ブドウの前で写真を撮ってお別れした。

 この次はもっとゆっくり来てくださいね。北見の近くにもいいところがいっぱいありますので。
 ともかくはお立ち寄りいただき、ありがとうございました。

 高橋先生とご家族。園前の野菜畑、山ブドウの前で。(8月9日 15:31撮影)
180809新百合内科高橋先生一家来園 001.JPG

 
posted by ぼたん園々主 at 10:59| Comment(0) | 日記

T君来北。リニューアルしたマウレ山荘へ。

 平成30年8月3日(金)東京より会社時代の後輩、T君が札幌からバスで来北した。前日は札幌でやはり会社時代の友人と再会してホテル泊とのこと。18:30バスターミナルまで車で出迎え、そのままオホーツクビールへ直行する。車は今晩はオホーツクビールの駐車場に置いて、ぼたん園まで歩いて帰る予定。(翌日T君が車を取りに行った)
 予約なしであったが運よく二階席がひとつだけ空いていたので、階下の様子がよく分かる。この日はたまたま北見に合宿に来ているクボタのラグビーチームが一階を借り切っていたので賑やかである。

 先ずは地元の食材を使った料理を肴に地ビールで乾杯!(8月3日 18:56撮影)
180809平成30年8月9日までのiphone画像 046.JPG

 階下は筋骨隆々の野郎どもで賑やか(8月3日 19:29撮影)
180809平成30年8月9日までのiphone画像 047.JPG

 8月6日(月)は久しぶりに「塩別 つるつる温泉」と「マウレ山荘」、そして最後に常呂のカーリング場を見てくる計画で、午前10時20分にぼたん園を愛車Vitzにて出発。
 11時につるつる温泉到着。先ずは名湯掛け流し温泉「竜神の湯」へ。貸切状態。30分ほどで一旦服を着て、大浴場に移動。この日は残念ながら露天風呂は清掃中で入れなかった。

 貸切状態のつるつる温泉竜神の湯。本当に肌がつるつるになり、暖かさが冷めにくい泉質だ。(8月6日 11:39撮影)
180809平成30年8月9日までのiphone画像 068.JPG

 この日も気温30℃を越えたが、外気は爽やかだ(8月6日 11:45撮影)
180809平成30年8月9日までのiphone画像 071.JPG 

 12:30つるつる温泉出発、13:45マウレ山荘に到着。先月中旬までリニューアル工事中でクローズしていたが、今日は久しぶりの訪問だ。外見は一見するとあまり変わっていないように見えるが、よく見るとキレイになった。また、内装もよりシックな色合いと高級感が増したように感じる。
 ただし、日帰り入浴は無くなりホテル内の浴場は宿泊客専用となる。まだ着工していないが日帰り客専用の浴場棟が新築されることになっているとのこと。そうなると、従来のだれでも70歳以上の日帰り入浴は無料という恩恵は無くなってしまうのか?そうだとすれば誠に残念な気がする。食事も以前と変わらず美味しいが値段が少し(2〜3割)高くなった。宿泊料金も上がったようだ。(タリフは現在作成中とかでネットで確認するしかない)
 また、マウレミュージアムは既に改装が終わって、旧体育館での展示に変わったそうである。(残念ながらこの日は時間が無く見ることはできなかった)

 新装(リニューアル)なったマウレ山荘の外観(8月6日 14:57撮影)
180809平成30年8月9日までのiphone画像 077.JPG

 より落ち着いた雰囲気となったホテル内部フロント(8月6日 14:38撮影)
180809平成30年8月9日まで 040.JPG

同、ラウンジ(8月6日 14:38撮影)
180809平成30年8月9日まで 037.JPG

 16:00マウレ山荘を後にし、遠軽、湧別を経由してサロマ湖を左に見ながら常呂へ向けてひた走る。もう少し遅ければサロマ湖の夕陽が見られたのだが。途中、地元では(佐呂間はもちろん、北見でも)有名な魚が安いと評判の斉藤商店に立ち寄り、サケトバ(サケの魚肉を皮付きのまま削いで天日干ししたもの)1,800円を購入。

 サケトバとは?帰宅してその夜にビールの肴として二人で一本は食べてしまった。(8月8日 16:59撮影)
180809平成30年8月9日まで 051.JPG

 17:30常呂町のカーリングホール(スポンサーの名前を冠してアドビックス・トコロ・カーリングホールと呼ぶらしい)に到着。この日は月曜日で定休日のため内部は見ることができなかった。

 常呂カーリングホールの前にて。想像していたより大きな建物だった。(8月6日 17:39撮影)
180809平成30年8月9日までのiphone画像 081.JPG

 カーリングホールからも近い常呂町の「松寿し」。本橋を初め「そだねー」で有名になったカーリング娘もよく食べにくるという。(8月6日 18:04撮影)
180809平成30年8月9日まで 047.JPG

 北見へ帰ってきたのは18:00であった。車を置いて歩いてトリトンへ。結構混んでいて少し待たされた。
 ネタが新鮮なので旨い。21:00帰宅。
  
posted by ぼたん園々主 at 00:44| Comment(0) | 日記

2018年08月09日

園内に鹿現る!!

 昨年も一度、鹿がぼたん園に逃げ込んできたことがありましたが、今年は私が出張中で休園中だった7月18日(水)に5頭の鹿が園内に逃げ込んできて市役所の職員やお巡りさん、地元猟友会の人、そして新聞記者がきて大捕り物となったそうです。

 一度は追われて園の外にバラバラに逃げたとのことでしたが、7月24日(火)の昼頃、スタッフのSさんから私の携帯に、鹿が園内に現われたので市役所に連絡して欲しいとの連絡が入りました。
 急いで園内を探すと、自宅近くの茂みに隠れている3頭の鹿を確認、スマホで写真を撮るとともに市役所に通報しました。
 午後1時過ぎに先ずお巡りさんが来園、その後すぐに市役所の職員が二人来園。私も含めて4人で園内を一巡しましたが、どこに逃げたのか見つけることはできませんでした。

 翌日7月25日(水)朝10時に園に隣接するこども園に鹿の件を連絡、子供たちに万が一が無いよう注意をお願いしました。鹿は臆病なので、驚くと突拍子もない行動に出る可能性があるので要注意です。
 この日の午後には、前の記事「キツネの縄張り」で書いたようにキツネの逆襲がありましたので、翌26日(木)には市役所の環境衛生課へ電話して、昨年から中止していた捕獲ワナを再設置してもらうよう依頼しました。
 この日の夕方5時に門を閉めて芝生の草刈りをしようとしたところ、芝生に鹿が3頭いるではありませんか。再び、市役所に電話、お巡りさんと市職員二人が来園。鹿は見つけましたが、「鹿を追い出すと、外に飛び出して走行中の自動車に衝突したり、他の民家に飛び込んだりしてけが人が出る恐れがあるので静かにして夜になって自然に山に帰るのを待って欲しい」とのこと!本気でっか!!うちはどないするねん!!
 この時点ではまだ、その後具体的に園内に被害が発生するであろうことに気が付いていなかったのです。

 7月29日(日)以降、8月2日(木)までは連日30℃超の猛暑が続き、7月31日(火)には北見でも34.5℃を記録。一日中草刈りをして汗をいっぱいかくと脱水症状のような状況になり、一日に2回シャワーを浴びて洗濯も2回。終いには頭がボーツとしてきて、翌日になっても前日何をしたか思い出せないほどでした。
 この日(31日)の夕方、この日も少し遅くなって門を閉めに行くと、正門を入って右側の通路に3頭の鹿を発見、たまたま持っていたカメラとスマホで写真に収めました。

 7月31日夕方、正門の近くで撮影した鹿、3頭(17:55撮影)
180809平成30年8月9日まで 003.JPG 

 8月1日(水)朝一にてSさんより、園内に植えてあるトウモロコシやピーマン、そしてタチアオイなどの花の芽が鹿に食われているとの報告がありました。
 そこで真っ先に頭に浮かんだのがブルーベリーでした。行って見ると案の定、あんなに一杯生っていたブルーベリーの実が殆ど無いではないか!!さらにそのうちの何本かの枝は無残にも折られています。
 しまった!!鳥やキツネは想定していたが、鹿にやられるとは!残念ながらあとの祭りです。
 今年は甜菜糖(ビート糖)を使って美味しくて健康にもよいジャムを造るんだと意気込んで、来年は大幅に苗を増やそうと園内で陽当たりの一番いい土地を、猛暑の中熱中症をもものともせず草刈りしたばかりなのに!!ぐやしい!!

 見事に食べられてしまい、おまけに枝まで折られたブルーベリー(8月5日 7:22撮影)
180809平成30年8月9日まで 018.JPG

 同上、7月の状態(7月27日 12:42撮影)
180729夏日のぼたん園 026.JPG

 ブルーベリー、ハスカップ、カシスの苗を増やそうと汗だくで草刈りをしたばかりの土地.でも悪いことばかりではありません。今年は4月21日に来北以来、6Kgの減量になりました。(8月6日 8:25撮影)
180809平成30年8月9日までのiphone画像 063.JPG

同上、草刈り前の状態。今年の減量の目標10Kgまで、あと4Kgです。(7月29日 9:35撮影)
180729夏日のぼたん園 064.JPG

 鹿に花芽を食べられたトウモロコシ(8月5日 7:27撮影)
180809平成30年8月9日まで 020.JPG

 同じく鹿に食べられたタチアオイ(8月5日 7:29撮影)
180809平成30年8月9日まで 022.JPG

 トウモロコシの回りにネットを張ったが、ネットの外にあったピーマンの花芽は翌朝までに食べられてしまった(8月5日 7:30撮影)
180809平成30年8月9日まで 023.JPG

 ギボウシの花まで食べられている(8月5日 7:35)
180809平成30年8月9日まで 026.JPG
posted by ぼたん園々主 at 20:48| Comment(0) | 日記

2018年07月29日

キツネの縄張り

 7月24日(火)以降、晴天が続いています。同日、園内に鹿3頭が現れたことは前回の記事で書きましたが、その後26日(木)夕方5時過ぎに芝生の草刈りをしようとしたところ、芝生に鹿が3頭いるではありませんか。
 また、市役所に連絡したところ市役所から警察にも連絡がいったようで、お巡りさんと少し遅れて市役所職員2名が来園。園内を探したところ、正門の近くで3頭を発見。でも、市役所の職員さんが言うことには、下手に外へ追いやって近所の民家に飛び込んだりすると被害が出かねないので、静かにしておいて夜間に山へ帰ってもらうしかないとのこと。

 このところ鹿と並行して、園内には以前からキツネの親子が住みついていますが、夕方5時の閉門を待っていたかのように親子(多分母親とコギツネ2匹の3匹)が西側の芝生に現われてコギツネを遊ばせています。
 7月25日(水)は午後3時頃から一人で芝生の刈り取った草を集めて堆肥場へ運んでいました。

 芝生の草を集めてリヤカーで堆肥場に運んでいました(7月25日 15:52撮影)
180729夏日のぼたん園 005.JPG

 気が付くとキツネが1匹堆肥場に先回りしています(7月25日 15:58撮影)
180729夏日のぼたん園 006.JPG

 どうも母キツネのようです。コギツネが2匹いるはずですが身体の大きさはあまり変わりありません。コギツネたちと比べると痩せていて、そのせいもあるのか、目つきは鋭い感じです。
 このところ、夕方閉門のため芝生の近くを通ると子供たちを遊ばせて、その傍で辺りに目を配っている姿をよく見かけていましたので、あまり気に架けずに芝生の草をフォークでリヤカーに投げ入れていました。
 ところが、なんとなく後ろに気配を感じたので振り向くと、なんと2メートルと離れない近くに座って私の動作をじっと見守っているではありませんか!
 一瞬ギョッとしましたが気を取り直して追い払おうとすると、逃げるどころか歯を剥いて犬に似た吠え方で「ワン」と威嚇してきます。そう言えば妻が今年6月に来た時に、弘法大師の参道のところでキツネに追いかけられて怖い思いをしたと言っていたことを一瞬思い出しました。その時はあまり気に留めずに聞き流して「逃げるから追いかけられるんだよ」と言っていました。

 私の手には草を掬うフォークが握られていますので、それをキツネに向けて追い払おうとします。ところが全く逃げようとはしません。それどころか隙があれば私に襲いかかろうと身構えます。
 予想に反するキツネの行動に私は戸惑い始めています。それから30分ほどにも長く感じられる時間をこのキツネと対峙することになろうとは思ってもいませんでした。少しでもこちらが弱みを見せれば襲われそうな恐怖に似た気持ちと、眼を逸らして後ずさりでもしようものなら飛びかかってくるような気がして、フォークを握る手に力が入ります。

 後には引かない母キツネ(7月25日 16:00撮影)
180729夏日のぼたん園 008.JPG

 この対決の結末は、私がフォークを上段に構えたまま徐々に後ずさりをして引き下がるしかありませんでした。この私に比べれば小さなこの動物は、自分の何倍もある人間に対して一歩も引き下がることはありませんでした。

 後日、この話をもう30年以上もぼたん園の世話をしてきたSさん(女性)に話したところ、キツネ(その他の動物も共通しているのかも知れない)には縄張りがあって、自分の縄張りに侵入してくる動物(人間も含めて)に対しては断固として排除しようとするものなんだそうである。
 ましてや母キツネであれば、子供たちを守るためにも危険な侵入者に対しては決然として対決するのであろう。そう言えば普段から他の動物に対して自分の縄張りを示すために糞や尿(尿はよく分からないが、糞は真っ黒なのでよく目立つ)を残すことも納得がゆく。
 もうひとつSさんの経験として、キツネを追い払う時は何でもよい(テイッシュでも)ので投げられるものを持っていて、それを投げつけると逃げて行くそうである。
posted by ぼたん園々主 at 23:10| Comment(0) | 日記